商品の選び方 ベビーベッド

赤ちゃんが産まれる時に考えるベビーベッドや、離乳食が始まる時に検討するベビーチェア。
たくさんあるけど、どう違うの?機能は?どうやって選べばいいの?におこたえします。

ベビーベッド

ベビーベッド

ベビーベッド

ベビーベッドを選ぶメリット

赤ちゃんを守る
  1. ホコリから
    遠ざける

    寝る位置を床から30cm以上高くする

    赤ちゃんが寝る位置を床から30cm以上高くすることによってホコリなどから赤ちゃんを守ります。

  2. 赤ちゃんを
    しっかりガード

    上のお子さんやペットのいたずらなどから赤ちゃんを守る

    上のお子さんやペットのいたずらなどから赤ちゃんを守ることができます。

  3. おおいかぶさりの
    危険性回避

    同じ寝具で寝るおおいかぶさりの危険性から赤ちゃんを守る

    ママ・パパと同じ寝具で寝るおおいかぶさりの危険性から赤ちゃんを守ります。

  4. 通気性がよく
    衛生的

    通気性がよい環境

    床に布団をひくより通気性がよい環境になり、汗かきの赤ちゃんの布団がむれることを軽減します。

ママをサポート
  1. スペースの有効活用
    収納もたっぷり

    収納スペース付きのベビーベッド

    ベビーベッドのサイズは、ベビー布団のサイズとほぼ同じ。床に敷くよりも収納スペースができるなど、空間を有効に使えます。収納スペース付きのベビーベッドなら、床板のサイズ分の大きな収納スペースがあって便利。

  2. ママの腰の
    負担軽減

    高い位置に赤ちゃんが寝ることで腰の負担軽減

    高い位置に赤ちゃんが寝ることでおむつ替えなど腰をかがめるママの腰の負担軽減になります。

  3. ラクラク移動
    お掃除が簡単

    お掃除の際などそのまま移動

    キャスター付きのベビーベッドならお掃除の際などそのまま移動することができます。

yamatoyaのベビーベッドの特長

床板はすのこ仕様

通気性が良く、気持ちよくお使いいただけます。

床板はすのこ仕様

床板下は自由に使える

ベッド下のスペースはオープンになっています。

床板下は自由に使える

24か月まで使えます。

(特殊サイズは除く)
成長に合わせて高さを変えることも可能です。

24か月まで使えます。

あなたのおうちに合う条件で選ぶ

  • サイズ性で選ぶ

    レギュラーサイズ

    一般的なベビー布団に合ったサイズです。

    幅132 × 奥行き77cm

    キホン レギュラーサイズ
    ミニサイズ

    省スペースで使えます。
    ミニサイズ用のお布団をお使いください。

    幅102 × 奥行き67cm

    キホンミニ ミニサイズ

    幅103 × 奥行き65cm

    パタンⅡ ミニサイズ
    特殊サイズ

    添い寝ができて6才まで使えるロングタイプです。

    幅143 × 奥行き53.5cm

    そいねーるⅢ 特殊サイズ
  • 機能で選ぶ

    折りたたみができる。

    組み立ても簡単、使わないときはコンパクトに。

    スライド開閉できる

    赤ちゃんにアクセスしやすいスライド開閉。
    お世話も楽に。

    長く使える

    特殊なサイズ性で、ベビーベッドのあとも
    そのまま6才まで使えます。

  • 生活スタイルで選ぶ

    ロースタイルで暮らす

    床に座りながらでもお世話が楽にできるタイプ

    脚を一番低く、床板を下げれば、床に座った状態でも赤ちゃんの様子が見えます。床板は20㎝まで下げられます。

    ソファやいすに座っていてもお世話がしやすいタイプ

    脚の取り付け位置や、床板の高さでソファや椅子に座った状態でも赤ちゃんの様子が見やすい高さに設定できます。

    添い寝をしたい

    大人のベッドや布団に高さを合わせて設置できます。

    必要な時に、必要な部屋で使う

    折りたためて収納ができ、コンパクトなので移動も簡単。

    早いうちから別部屋で寝かせたい

    ベーシックタイプがおすすめ。