• ベビー
  • キッズ
  • お客様の声
  • ブログ

TOP > Shop yamatoya公式ブログ  > 商品について > その他  > ノスタブックラックにどれだけ本は入るかな!?

ノスタブックラックにどれだけ本は入るかな!?

子どもの絵本は日々増えていくものニコニコ

絵本の収納する場所が足りなくなっちゃった!!!

そんな時に購入を検討するアイテムの絵本棚。

でも、この絵本棚にどれだけ絵本が収納できるの?     

購入前に気になるポイントですよね。

 

そこで!今回は、人気の絵本棚「ノスタ ブックラック」にどれだけ絵本が入るか検証してみた様子をご紹介いたしますビックリマーク

上棚は3段、絵本の見える向きで収納でき、下棚は2スペースに分かれています。

 

ちなみにおなじみ、「はらぺこあおむし」を上棚に入れてみると。。。

こんな感じに。

この厚みサイズなら、重ねれば合計3冊分は入るスペースがありますね!

こんな厚みのある図鑑も余裕です音譜

 

ぎっしり入れてみると。。。

ほぼ3冊づつ重ねた状態で入るだけ入れてみると、

上棚だけで30冊入りましたビックリマーク

 

続いて下棚は。。。

下棚の片方のスペースで

だいたい「はらぺこあおむし」くらいの厚みの絵本なら30冊は入ります。

(「はらぺこあおむし」の絵本は約1cm弱の厚みです)

 

ということは。。。

30冊入るスペースが上棚1カ所、下棚2カ所=計90冊!!

 

もちろん厚みやサイズで異なりますが、これだけたっぷり入れば安心ですねウインク

ぜひ参考にご覧ください音譜

今回のブログで紹介した商品

  • この記事をシェアする
  • 大和屋のこだわり

私たち大和屋はベビー・キッズの暮らしを楽しくする家具をお届けするメーカーです

Shop yamatoyaはベビー・キッズ家具メーカー大和屋の直販公式オンラインショップです。
大和屋は創業1924年の歴史ある家具メーカーとして、ベビーダンスをはじめ、ベビーチェアやベビーベッドなどお子様にまつわる様々な木製家具をお届けしてきました。 安全で環境に配慮した材料を大切に使い、メーカーならではのこだわりと技術をもって製品つくりをしています。
長く使えるベビーベッド、お客様の声を取り入れ進化し続けてきたベビーチェアや、成長に合わせて高さ調節できるデスク&チェア、お子様自身が取り出しやすい絵本棚やおもちゃ箱、子ども部屋を彩るかわいらしいチェストたち。すべて大和屋のこだわりが詰まった製品です。
よりわかりやすく、より安心してお買い求めいただけるよう、商品の機能や選び方のポイント、組み立て方の動画や、今までお使いくださったお客様の声も紹介しています。
「子どものいる暮らしをより楽しくする家具をお届けしたい」その信条を胸に、より良い製品をお客様にお届け致します。

トップに戻る